ニュース

(一社)日本iスポーツ機構はプロゲンナーの最高峰、iスポーツ最大の公式大会を開催

島上の格闘技、(一社)日本iスポーツ機構はプロゲンナーの最高峰、iスポーツ最大の公式大会を開催すると発表した。
iスポーツとは、専用競技島で赤コーナー青コーナーにわかれ遊技台の取付けスピードを競うものである。昨年の第1回入替屋選手権では、卓越した競技者たちが、平均して2分弱のタイムで競い合った。今回の大会名は【2022 iスポーツ日本シリーズ】大会は、日本iスポーツ機構が誕生した11月12日(土)に開催される。会場は東京・渋谷O-nest。iスポーツは今年で2周年を迎える。日本シリーズに参加するにはiスポーツ健康アドバイザーを取得し9月10日(土)と10月8日(土)の予選会に参加することが条件で、各会8名・合計16名に日本シリーズ出場権が得られる。予選会はタイムトライアル方式で2つの合算タイムで順位が決定する。
決勝大会の日本シリーズでは公式ルールのトーナメントになっている。※18歳未満は参加不可

何よりも魅力なのは、前回大会よりも倍増された賞金総額である。今回の賞金総額は200万円、優勝100万円、準優勝50万円、第3位30万円、第4位20万円となっている。

この大会では単に遊技台を早く取り外して取り付けるというスピード感だけではなく、遊技台の傾斜を正確に計測する技術も要される。つまりは相撲道でいう【心·技·体】が必要となるだろう。

プレイグラフ 2022年3月14日
HTML Comment Box is loading comments...